Chinese translation

翻訳家として働くために必要なこととは

TOEICや日本翻訳協会実施の検定試験など、翻訳能力を証明するための資格はいくつかありますが、翻訳家になるための必須の条件ではありません。弁護士と名乗るためには弁護士の資格が必要ですが、翻訳家は資格の有無にかかわらず誰でも名乗ることができます。
資格を取得する必要がないということは、その気になれば独学でも十分翻訳家になれるということです。ただ、翻訳ができると自分を売り込んだところで証明するものがなければ、雇ってもらうことも仕事をもらうこともできません。一般的には、高校や大学、専門学校などの学校で、英語やフランス語などの語学を学ぶことになります。
初めから翻訳家として働きたいのであれば、翻訳専門会社への就職を目指すことになります。この就職の際、持っていると有利なのが資格や学歴なのです。翻訳専門会社で採用されなかった人は、海外と取引のある企業への就職を検討することになります。この企業で翻訳の仕事の経験を積んでから、もう一度翻訳専門会社に挑戦するか、独立するかの道をたどることになります。
翻訳家はインターネットのおかげで独立しやすい職業となりました。ネット上には登録制の翻訳会社がいくつもあります。遠方に住んでいる顧客の仕事の依頼でも、気軽に受注できるようになっているのです。

CHOICES

2016/09/14

翻訳家として働くために必要なこととは

TOEICや日本翻訳協会実施の検定試験など、翻訳能力を証明するための資格はいくつかありますが、翻訳家になるための必須の条件ではありません。弁護士と名乗るためには弁護士の資格が必要ですが、翻訳家は資格の有無にかかわらず誰でも名乗ることができます。資格を取得する必要がないということは、その気になれば独学でも十分翻訳家になれるということです。ただ、翻…

MORE


TOP

Copyright © 2016 中国語翻訳は値段ではなくコミュニケーション能力で決めるべき All Rights Reserved.